Environmental Health and Safety

労働安全衛生、環境

環境管理方針(EMS ISO 14001:2004)

  • ISO 14001に基づく環境管理システム標準のファミリーを確立することにより、グローバルリーダーシップを 達成 すること
  • 環境法を順守し、サイクル全体を考慮することにより、環境を継続的に改善すること。
  • クリーンな生産プロセスを導入し、BACT(利用可能な最高の制御技術)を適用することにより、汚染物質の排出を最小限に抑えること。
  • 天然資源と副産物の効率的な利用によって廃棄物ゼロの社会を達成し、環境効率の向上すること。
  • クリーンエネルギーとグリーンテクノロジーの利用で温室効果ガスの排出を削減し、低炭素グリーン成⻑を導くこと。
  • 環境管理の結果を開示することにより、持続可能性を目指し、管理の透明性を確保すること。

安全への取り組み

労働安全衛生局は社内ルールを設定します。職場での定期的な活動として、集中的な安全誘導とツール・ボックス・ミーティングを実施しています。毎日のサイト・ウォークと定期検査は、クライアント/請負業者の安全チームによって実施されます。

事故ゼロの職場ですべてのプロジェクトの作業することができるように目指しています。

安全作業手順(一般)

すべての労働者は、作業場で個人用保護具(PPE)を着用するものとします。

現場監督者は、作業エリアが適切な安全バリアと標識で保護されていることを確認するものとします。

すべての労働者は集中安全訓練に参加し、教育しなければなりません。

監督者/エンジニアは、訓練を受けた人員のみが安全な持ち上げ作業に従事し、配備されるようにします。

監督者は、機械のセットアップと適切な作業プラットフォームの状態を徹底的にチェックするものとします。

工事現場の監督者は、有資格者で経験豊富なオペレーターのみがすべての機械を操作できるように確認します。

安全管理のキーポイント

環境および社会的影響に関する方針

廃棄物処理管理(建設発生土と掘削用ベントナイト)

ボーリング作業中、掘削された土はすべて、安全のために現場から継続的に清掃する必要があります。一時的に堆積したすべての土は、ヤンゴン都市整備委員会(YCDC)から土壌処理運搬許可証取得の土壌処理業者によって定期的に運び出されるものとします。

環境への影響を避けるために、掘削用ベントナイトを公共の排水管に排出しています。掘削された土と混合されたベントナイトは、適切に乾燥して清潔でなければなりません。

騒音と振動の監視

掘削中、騒音計で騒音公害を監視する必要があります。周囲の既存の建物に影響を与えないように設計の振動制限に従って、振動を振動計で継続的に監視する必要があります。振動レベルは、作業中の計装の設計提案に従って超えないようにします。

Settlement Monitoring (BSM & GSM)

Settlement of existing high-rise building & surrounding environ’ ground level should be monitored by Building Settlement Marker & Ground Settlement Marker. To avoid exceed from Alert level of settlement as per instrumentation design during piling works.

Screenshot (12)

保険証券

保険カテゴリの下では、請負業者賠償責任保険およびグループ生命保険(団体定期保険)が適用されます。

  • 不動産損害に対する保険
  • 第三者行為災害の保険
  • 契約金額の0。27%
  • エー・ヤー・ミャンマー 保険 (AMI)
  • 契約番号-AMI/LG-000018/0815/YGN

© 2019 Positive Pioneer Co.,Ltd. All Rights Reserved.